Sponsored Link


パチンコのCM、わずか4年で10倍に…キー局まで広がった“パチンコ広告依存” ・「放送収入の落ち込み… 



Sponsored Link
 


パチンコのCM、わずか4年で10倍に…キー局まで広がった“パチンコ広告依存”

・「放送収入の落ち込みが激しく、コスト削減でカバーしきれなかった。
下期も回復の兆しが見えない」 TBSの2008年9月中間期決算説明会。
井上弘社長(すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである)は厳しい表情でこう語り、通期の連結純利益予想を 下方修正した。
TBSは放送事業だけだと今期、20億円の営業赤字に転落する見通しだ。

厳しいのはTBSだけではない。
在京民間放送キー局5社の9月中間期決算では、フジ・メディア・ ホールディングスを除く4社が営業減益となり、最終損益は5社すべてが前年割れ。
日本(にっぽん)テレビジョン 放送網とテレビジョン東京は最終赤字に転落した。
5社すべてが業績見通しを大幅に下方修正する 異例の事態になっている。

特に深刻なのは、番組と番組の間に流すスポットCM収入の不振だ。
テレ東以外は放送収入の 約4割をここに頼っているが、4~9月期の東京地区のスポットCM出稿は前年同期比で11%減と 落ち込んだ。
「下期のスポットCM収入は良くても上期レベル。
さらに悪くなるかもしれない」と 日テレの能勢康弘常務執行役員は語る。
最大の理由は景気の減速だ。

だがこれは、景気に伴う一時的な現象ではないのかもしれない。
広告主の「テレビジョン離れ」という 構造問題を指摘する声が、日増しに高まっているからだ。
 電通によると、2007年のテレビジョン広告費が前年比0.9%減少したのに対し、ネット広告費は24.4% 増加して6000億円を超えた。
ヤフーの井上社長は「ネットも含め全媒体の広告費が落ち込むという シナリオも考え得るが、厳しいながらもネット広告費はじわじわ伸びるはず」と展望する。
費用対効果が 明確なネット広告に、広告主が集中する可能性もあるという。
 勢いの違いを示すのが、ネット連動テレビジョンCMの増加だ。
(>>2-10につづく) http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20081120/177883/ グラフ「パチンコCMは4年で10倍に」:http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20081120/177883/zu_02.jpg

愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です