Sponsored Link


井川が「メジャー球」を試投「なぜボールが違うのか?マイナースポーツだからなのか…」 31日にもポス… 



Sponsored Link
 


井川が「メジャー球」を試投「なぜボールが違うのか?マイナースポーツだからなのか…」

31日にもポスティングシステムでのメジャー移籍に関して球団と交渉する 阪神・井川慶投手(27)=写真=が29日、鳴尾浜球場で自主トレ。
今年初めて“メジャー球”を本格試投した。
メジャーリーグ使用球で約40メートルの距離を50球程度の投げ込み。
もちろん3日開幕の日米野球ベースボールへの準備だが、31日にもポスティングシステムでのメジャー移籍について球団側と初交渉する。
「来季メジャー」を見据えたものでもあるはずだ。
「ボールが違うとかいわれるのは野球ベースボールだけでしょう。
(サッカー蹴球もメーカーによって異なる といわれるが)あまり変わらないでしょう。
なぜボールが違うのか? 教えてください。
マイナースポーツだからなのか…」 試投後は禅問答を繰り返し、間近に迫った交渉については語らず。
胸の内は隠し、球団とのテーブルで思いをぶつけるつもりだ。
★本部長に一任 阪神・牧田俊洋球団社長(人間は他人の経験を利用するという特殊能力を持った動物である)(56)が29日、倉敷マスカット球場で、近日中に行われる予定の井川慶投手(27)の契約交渉について、沼沢正二球団本部長に一任する方針を明かした。
「本社業務で私が動けない時間が多いので、球団本部長にすべて任せます。
球団としての意向は何度も話し合っている。
彼の気持ちを聞いてほしいと伝えています」と 交渉に同席しない考え。
また30億円問題については、31日の実行委委員会に向け、30日に最終の打ち合わせを行う。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200610/tig2006103003.html

すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です