Sponsored Link


茨城・小川町の養鶏業者が鳥インフルエンザウイルス検査で虚偽報告家宅捜索(動画あり)茨城・小川町の… 



Sponsored Link
 


茨城・小川町の養鶏業者が鳥インフルエンザウイルス検査で虚偽報告家宅捜索(動画あり)

茨城・小川町の養鶏業者が、鳥インフルエンザウイルスの検査の際、1部のサンプルしか採取していないのに、すべてから採取したようにうその報告をし、検査を妨害していたとして警察の家宅捜索を受けた。
家宅捜索を受けたのは、小川町の採卵養鶏業者、「キミシマファーム」で2005年8月、鳥インフルエンザウイルス感染の有無を調べるため鶏の採血をした際、すべての鶏舎から鶏の採血を行うべきところを一部だけで行い、県にうその報告をした疑いが持たれている。
採血は、県の立ち会いのもとに行うことになっているが、君島正夫社長(人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから)(60)が「感染予防のため立ち入りしないでほしい」などと要望したため、県側は「人手不足だから任せた」と委託していた。
FNN[12日20時22分更新]

人は多くの場合、他人と異なるのみならず、また、いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です