Sponsored Link


ドクター中松こと中松義郎氏がコピーパター使用で石川遼らに警告書、使用を止めなければ告訴も 中松氏が… 



Sponsored Link
 


ドクター中松こと中松義郎氏がコピーパター使用で石川遼らに警告書、使用を止めなければ告訴も

中松氏がコピーパターで遼クンらに警告書 発明家ドクター・中松氏(79)が27日、自身が発明したゴルフパターのコピー品を、英国のメーカーから輸入・販売しているとして、不正競争防止法違反で、日本(にっぽん)のゴルフ用品会社と同社社長(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)に対する告訴状を警視庁に提出したと発表した。
また同品を使っているとしてゴルフ選手の「ハニカミ王子」石川遼(16)片山晋呉(34) らに対し、使用中止を求める警告書を送ったことも明かした。
この日都内で会見した中松氏によると、同氏は両手の親指をそろえて握る、独特の太い形状のグリップが特徴のゴルフパター「ドクター中松パター」を約10年かけて 発明し、82年に国際特許を取得。
同年から販売した。
英国のサッチャー元総理大臣(82) やアメリカ合衆国のブッシュ元大統領(83)故福田赳夫元総理大臣も使ったという。
中松氏は最近、英国のガゼレー社などが製造しているパターグリップ「ツーサム・ パターグリップ」の存在を認識。
ドクター中松パターの「コピー品」と確信し、同グリップを 輸入・販売している都内のゴルフ用品会社などに対し、法的対応をとることにしたという。
中松氏は会見で「『親指をそろえて握って打つ』という部分が私の発明品と同じ。
まったくのパクリであり、コピー。
世界一のグリップメーカーが、知的財産権を無視した やり方をすることを見過ごすことができなかった」と説明した。
中松氏は26日、このゴルフ用品会社と同社社長を、不正競争防止法違反で、告訴状を警視庁に提出。
同日、石川、片山両選手のほか都内の販売店などに対し、同パターの使用中止を求める警告状を送付した。
石川選手らの使用は映像などで確認したといい「今後、ツーサム・パターグリップの使用や販売をやめない場合、石川選手らに対しても告訴状を提出する意向だ。
プロの選手がこうしたコピー品、ニセモノで賞金を稼ぐことは、問題だ。
また、ほかの選手に対しても警告状を送っていく」と語気を強めた。
中松氏によると、石川選手らがドクター中松パターを使えば問題ないという。
引用元 http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20071128-288645.html Dr.NakaMats.Com http://dr.nakamats.com/

人間は天使でもなければ、獣でもない。しかし不幸なことは、人間は天使のように行動しようと欲しながら、獣のように行動する



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です