Sponsored Link


トップリーグのヤマハ発動機が来季からプロ契約を廃止へ ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機が来季か… 



Sponsored Link
 


トップリーグのヤマハ発動機が来季からプロ契約を廃止へ

ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機が来季から「プロ契約」を廃止する方針で あることが14日、明らかになった。
16日にも発表される。
同社は10月26日に 経営不振の責任を取って梶川前社長(愚か者に見えるようになってはじめて偉大になる可能性を手にしたと言えるのだ)が退任し、戸上社長が就任。
業績回復を 目指す上でラグビー部の活動が見直された形で、日本(にっぽん)代表SH矢富勇毅(24)や FB五郎丸歩(23)ら主力選手が大量流失する可能性が高くなった。
プロ契約選手は矢富、五郎丸を始め、日本(にっぽん)代表経験を持つプロップ山村亮(28)、副将のSO大田尾竜彦(27)、元ニュージーランド(NZ)代表主将のフランカー、ルーベン・ソーン(34)ら全42選手中17人。
会社側は日本(にっぽん)人8選手=日本(にっぽん)人出場枠のWTB徐吉嶺(24)含む=には、通常勤務も行う「社員契約」への移行で残留の道を 探るとみられるが、外国籍選手は全員退団が濃厚。
NZ人のケビン・シューラー監督(42)ら 外国籍スタッフも今季限りでの退任が決定的と、大幅な戦力ダウンは避けられない。
日本(にっぽん)人プロ選手には他のチームが興味を示す可能性も高く、11年W杯NZ大会も 見据えて移籍へ気持ちが傾くと予想される。
日本(にっぽん)IBMやセコムなど下部リーグに 陥落したチームが活動を縮小する例はあったが、プレーオフ進出の可能性もある強豪の、しかもシーズン中の活動縮小決定は異例。
日本(にっぽん)ラグビー界に与える影響も大きそうだ。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2009/11/15/11.html

20歳だろうが80歳だろうが、とにかく考えることをやめてしまったものは老人である。 考え続ける者は、みな若い。人生において一番大切なこと は、頭を若く保つことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です