Sponsored Link


経団連・御手洗会長、「逆風」が吹き荒れる理由…「もともと器じゃなかった」の声も・春闘が本格化するの… 



Sponsored Link
 


経団連・御手洗会長、「逆風」が吹き荒れる理由…「もともと器じゃなかった」の声も

・春闘が本格化するのを前に、御手洗冨士夫・経団連会長(キヤノン会長)に対する「逆風」が強まっている。
最近も複数の週刊誌が、御手洗会長を批判する記事を相次いで掲載しているほか、過去には、偽装請負の問題をめぐり、キヤノンへの批判的な記事も多かった。
一時期は、リーダーシップの欠如から「早期降板説」までささやかれた御手洗会長だが、今でも、専門家からは「御手洗氏はアメリカ合衆国生活が長いこともあり、日本(にっぽん)のビジネス流儀を知らない。
元々、経団連の社長(たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです)の器ではなかった」と、冷ややかな声が聞こえてくる。
週刊ポストは「雇用崩壊のA級戦犯御手洗経団連よ、メザシの土光さんが泣いている」との記事を冒頭に持ってきた。
記事では、2代会長の石坂泰三氏が、派閥抗争に明け暮れていた自由民主党の状況に憤り、鳩山一郎総理大臣に対して「この際、お辞めになったらいかがですか」と直言し、「財界総理」という言葉が生まれたというエピソードや、国鉄の民営化などを提言した「土光臨調」で有名な4代会長の土光敏夫氏の質素な生活ぶりを紹介。
それと対比する形で、立て替え後の経団連会館の豪華ぶりを指摘。
さらに、「今の御手洗経団連体制になってから傘下企業は非正規切りに走っている」などと批判している。
一方、週刊現代は「キヤノン御手洗会長『脱税コンサル社長』との関係」との記事を掲載。
キヤノン大分工場の用地が造成される際、ゼネコンが作った裏金を受け取ったとされるコンサルタントの男性が、御手洗氏と親密な関係にあった、などと報じている。
記事によると、キヤノン広報部は「二人は同郷の知人で、休日などにいっしょに会食したことはある」と回答している。
記事がどこまで正しいかは定かではないが、キヤノンと御手洗氏には芳しくない「風評」が付きまとっているのは確かだ。
御手洗氏が経団連会長に就任したのが06年5月で、経団連会長は2期4年を務めるのが慣例とされているため、任期は2010年5月まで。
ところが、08年5月に始まった2期目に突入する直前にあたる07年末~08年始めにかけては、リーダーシップの弱さなどから「途中降板説」が盛んにささやかれた。
http://www.j-cast.com/2009/01/27034312.html

およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です