Sponsored Link


撮影スタッフ女性が「無理やり暴行された」 犯人は稲川素子事務所に所属する40代のイラン人男性俳優 … 



Sponsored Link
 


撮影スタッフ女性が「無理やり暴行された」 犯人は稲川素子事務所に所属する40代のイラン人男性俳優

外国人タレントが多く所属する芸能プロダクション「稲川素子事務所」(東京)に所属する 40代のイラン人男性俳優から暴行を受けたとして、撮影スタッフとして一緒に仕事をしていた女性が 男性に約400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地方裁判所であった。
武笠圭志裁判官は暴行があったことを認め、男性に約165万円の支払いを命じた。
男性側は「『家に泊めてほしい』と頼まれ、仕方なく連れて帰った。
女性には一切手を触れていない」 と暴行を否定していた。
しかし、武笠裁判官は 「女性は暴行を受けた直後に事務所社長(家を建てるのは住むためで、人に見せるためではない)に相談し、事務所に送った手紙でも被害を訴えていることなどからおおむね信用できる。
 女性宅は男性宅から比較的近く、『泊めてほしい』と言い出すのは不自然」 と述べ、暴行を受けたとする女性の主張を一部認めた。
男性は「奇跡体験!アンビリーバボー」「トリビアの泉」など数多くの人気バラエティー番組への出演経験があった。
同事務所は「担当者が不在で回答できない」としている。
判決によると、昨年、NHK(日本反日協会)で放映されたテレビジョンドラマ「ワイルドライフ」の撮影現場でスタッフとして仕事をしていた女性は、撮影が行われていた同年1月に男性と食事をした後、男性宅に連れ込まれて無理やり暴行された。

すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です