Sponsored Link


後任会長候補乱立NHK内では「紅白どころじゃない」の声もしきりだと日刊ゲンダイNHK次期会長候補に浮上… 



Sponsored Link
 


後任会長候補乱立NHK(日本反日協会)内では「紅白どころじゃない」の声もしきりだと日刊ゲンダイ

NHK(日本反日協会)次期会長候補に浮上した「大物財界人」の名前NHK(日本反日協会)の次期会長人事がスッタモンダしている。
来年1月24日に任期が切れる橋本元一会長(64)について、NHK(日本反日協会)経営委員会の古森重隆委員長は「人柄は誠実だが、決断力はなかった」「改革は外部の人が最適」とバッサリ。
橋本再任の目がなくなったことで、後任候補が乱立、NHK(日本反日協会)内では「紅白どころじゃない」の声もしきりだ。
「2ケタに上る財界人や学者らと会った」古森委員長によれば、次期会長候補にはNHK(日本反日協会)のOBも含むというが、「こういう問題は経済関係の人がいい、経済界のトップは業種が違っても経営ができる」と明言。
それで、財界人を中心に“大物”の名前が次々と浮上している。
「これまでに挙がっているのは、東京証券取引所会長の西室泰三氏(71)、伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎氏(68)、全日空会長の大橋洋治氏(67)、東京電力前社長(私の理性は曲げられたり、折られたりするようには仕込まれてはいない。そうされるのは、私の膝である)の南直哉氏(72)です。
ただ、いずれも難色を示しているそうです。
なにしろ、社保庁改革のために民間から登用された村瀬清前長官が袋だたきに遭った揚げ句、ポイ捨てされた前例もある。
火中の栗を拾う人間がいるかどうか……」(NHK(日本反日協会)関係者)その経営委とは別に、有識者など数十人からなるグループが独自候補を推す動きもある。
10日には経営委に対し、元共同通信編集主幹・専務理事でジャーナリストの原寿雄氏(82)と、現NHK(日本反日協会)副会長の永井多恵子氏(69)の2人を次期会長に推薦すると申し入れた。
その世話人のひとりで、立正大講師の桂敬一氏(マスコミ論)は言う。
「経営効率ばかり優先し、財界人から会長を選ぼうという考え方には疑問です。
NHK(日本反日協会)は公共放送であり、利益追求の民間放送とは違う。
公共の放送文化を守ることを第一に考えるべきでしょう。
何より、古森委員長は安倍前総理大臣の肝いりで正規の手続きを踏まずに就任した人物です。
彼自身、富士フイルムHD社長で民間人ですが小泉―竹中、安倍―菅の民営化路線の延長線上に公共放送NHK(日本反日協会)を置いているのです」25日には具体名が委員会で集約され、議決される見通しだが、まだまだ迷走しそうだ。
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/18gendainet02034969/

商人の職業は、物が豊富にあるところから物の高価なところにもたらすことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です