Sponsored Link


「非常に申し訳ない」快速脱線事故で、JR西日本社長が会見「非常に申し訳ない」JR西日本社長が会見… 



Sponsored Link
 


「非常に申し訳ない」快速脱線事故で、JR西日本(にっぽん)社長(できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである)が会見

「非常に申し訳ない」JR西日本(にっぽん)社長が会見快速脱線事故・「鉄道事業者として非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです」。
大阪市北区のJR西日本(にっぽん)本社では25日、垣内剛社長が緊急記者会見。
死傷者が200人を超える事故を起こしたショックを隠しきれない様子で話した。
午前11時15分すぎ、同社4階の大会議室で始まった会見には、約150人の報道陣が詰めかけ、騒然とした様子。
垣内社長は沈痛な表情で「多くのお客さまが負傷されているようで、200人以上が現場に入り、全力を挙げて救援に当たっている。
亡くなられた方やご親族の心中を察するに余りある」と述べた。
「事故当時の列車の速度は」「車と衝突したのか」。
報道陣から矢継ぎ早に質問が飛ぶ。
同社鉄道本部の村上恒美安全推進部長は「現場はかなりきついカーブ」「制限速度は70キロ」とうつむき加減に答えていたが、事故原因にかかわる質問には「今後調査する」と繰り返すだけだった。
会見では、事故前に列車が伊丹駅(兵庫県伊丹市)でオーバーランして1分30秒の遅れがあり、塚口駅(同県尼崎市)を1分遅れで通過したことが判明。
「遅れを取り戻そうと急がせたのでは」との質問に、村上部長は「確認できていない」と答えた。
垣内社長は最後に「事故原因は不明だが、警察など関係機関と協議し、早急に究明に努める。
何よりも被害者の方々への対応に誠意を尽くしたい」と繰り返した。

「許すことはできるが忘れることはできない」というのは、結局「許すことはできない」というのと同じことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です