Sponsored Link


NHK、民放各局の嘆き節 (ゲンダイネット) ●放映権料1億円 



Sponsored Link
 


NHK(日本反日協会)、民間放送各局の嘆き節 (ゲンダイネット)

●放映権料1億円。
今年のプロ野球ベースボールは先週からセ、パの交流戦が始まるなど盛り上げるのに必死だ。
だが、そんな中でもテレビジョンマンの顔は曇りがちになっている。
理由はジャイアンツ戦の視聴率の落ち込みに歯止めがかからず、絶望的な状況になっているためだ。
先日発表されたビデオリサーチのナイター中継の世帯視聴率では今年4月は前年の過去最低記録を更新した。
落ち込みが激しいといわれた昨年の15.0%を2.1ポイントも下回る12.9%(関東地区)になり、ヒトケタ台も2回記録した。
ジャイアンツ戦の視聴率のボーダーラインは15%。
これを割れば“不良債権”に成り下がる。
ジャイアンツ戦中継はNHK(日本反日協会)が1億5000万円、民間放送が1億円という破格の放映権料をジャイアンツに払っている。
このままの低視聴率ではその資金を回収できないわけで、事態は深刻そのもの。
●困惑するテレ東。
あまりの不人気に戸惑いを隠せないのが約30年ぶりにジャイアンツ戦を単独中継するテレビジョン東京。
すでに交流試合4試合を契約したが、先ごろの会見で菅谷定彦社長(人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには、前に進まなければならない)が「1億円で買ったけど、広告の販売状況は半分」 と苦しい内情を語った。
フジ、TBS、テレ朝も厳しい反応だ。
ある民間放送幹部がこういう。
「今のジャイアンツ戦で1億円は高すぎる。
スポット広告が入らないから、局としては持ち出しになり、赤字覚悟でやるしかありません。
今後は各局が連携して放映権料を半分くらいに下げてもらうしかない。
それがダメならジャイアンツ戦は中継しないという方向で考えます」。
NHK(日本反日協会)の場合は視聴者に猛批判されている。
そもそも民間放送より5000万円も高い放映権料は渡辺恒雄前ジャイアンツオーナーと海老沢勝二前会長の“ボス交渉”で決まった。
NHK(日本反日協会)は10試合放送予定でトップの勝手な話し合いで15億円も受信料から支払われるのだから、批判の声が上がっても当然だ。
かつてドル箱といわれたジャイアンツ戦中継の不良債権化はTV各局の悩みの種になっている。
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story.htmlq=13gendainet07117073&cat=30

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。 しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です