Sponsored Link


認知症女性に高額な呉服・宝飾品を販売…「京ろまん」に1390万円支払い命じる-奈良地裁認知症で判断能力… 



Sponsored Link
 


認知症女性に高額な呉服・宝飾品を販売…「京ろまん」に1390万円支払い命じる-奈良地方裁判所

認知症で判断能力が低下している奈良市内の女性(83)に高額な呉服や宝飾品などを次々と購入させたとして、女性と女性の長男(61)が、呉服販売会社「京ろまん」(奈良市、郡史朗社長(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない))などに対し、支払代金約3千万円の返還を求めた訴訟の判決が9日、奈良地方裁判所であった。
宮本初美裁判官は「売買は通常の商取引の範囲を超え、公序良俗に反する」として、京ろまんに約1390万円の支払いを命じた。
宮本裁判官は判決で、京ろまんの従業員らは平成16年ごろには、女性の態度などから、認知症による財産管理能力の低下に気付くことができたと認定。
「親しい友人関係のように女性に思いこませ、商品を大量に購入させた」と売買の違法性を指摘した。
そのうえで、女性が11年から19年までの間に、京ろまんから購入した呉服などの計約3600万円のうち、16年以降の代金の返還を命じた。
京ろまんは「内容を慎重かつ十分に吟味した上で適切に対処させていただきたい」としている。
 2010/07/09[22:41:06]http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100709/trl1007092021011-n1.htm

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です