Sponsored Link


平山相太「北京経由の南アフリカ行きです」とどこかで聞いたことのある台詞を言う Jリーグ発、北京経由… 



Sponsored Link
 


平山相太「北京経由の南アフリカ行きです」とどこかで聞いたことのある台詞を言う

Jリーグ発、北京経由の南アフリカ行き-。
オランダリーグ1部のヘラクレスを退団して東京に 加入したFW平山相太(21)が5日、帰国から約1カ月たった現在の心境を語った。
08年北京 オリンピックを目指すU-21(21歳以下)日本(にっぽん)代表と、10年W杯南アフリカ大会での活躍を期待する 声が高まる中、190センチの日本(にっぽん)屈指の大型ストライカーは何を思い、目標としているのか。
6日から「代表編」と「Jリーグ編」の2回にわたり、平山自身の言葉をお伝えする。
(中略)。
A代表には、もちろん選ばれたいですよ。
世界的には僕より若い選手が活躍しているし、僕の年齢で入るのも早くはないとは思う。
でも、僕は僕です。
1度、A代表に呼ばれたら、ずっと定着 できるように準備をしてから臨みます。
代表に呼ばれたり呼ばれなかったりでは、本当の代表 とはいえない。
反町監督がA代表のコーチを兼任しているし、両方の代表には一貫性がある。
オリンピックで活躍すれば、上が見えてくる。
北京経由の南アフリカ行きです。
だから、ほかの若い世代 からA代表に入る選手がいるからといって、焦りはない。
W杯に出られればいいので。
4年間 かけて、自分を徹底的に鍛えたい。
 もう1度、チャンスがあれば海外でプレーしてみたいという思いもあります。
スペインリーグには 興味があるし、やっぱり世界中から能力の高い選手が集まるRマドリードは魅力的ですね。
でも、そういうことはW杯が終わってからでいいと思う。
今の大きな目標は北京オリンピック。
それにはまず、Jリーグで自分が取り組むべき課題と役割をしっかりと見極めて、努力することが大事なのです。
引用元:nikkansportrs.com http://www.nikkansports.com/soccer/japan/p-sc-tp2-20061006-99921.html FC東京社長(理性はみずからの原理を片手に持ち、その原理によって考案した実験を、もう一方の手に持って自然へ赴く)室でインタビューに答える平山 ttp://www.nikkansports.com/soccer/japan/sc-061006-1-ns.jpg

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です