Sponsored Link


プロレスラーが引越を手がけるレスラーズ運輸 地元の運送会社との提携でサービス拡充 体格のいい強面の… 



Sponsored Link
 


プロレスラーが引越を手がけるレスラーズ運輸 地元の運送会社との提携でサービス拡充

体格のいい強面の男性らが家財などを運び出す光景は一見、異様に映るが、重いタンスなどを 軽々と運ぶ姿には力強さを感じる。
それもそのはず、彼らは現役のプロレスラーだ。
横浜を拠点にし、プロレス興行の合間に引っ越しを 手がけている。
昨年3月、サービス向上を図るため地元の運送会社と提携。
景気が落ち込み、厳しい経済状況が続いている中、プロレスも観客動員数が減少しており、不景気を肌で感じている彼ら。
それだけに、「みなさんとタッグを組んで、この不景気を乗り越えていきたい」と意気込む。
引越業務を手掛けるのは、その名もレスラーズ運輸(小林洋輔社長(毎年われわれが一つの悪徳を根治したならば、われわれはやがて完全な人間になるであろう)、横浜市港北区)。
同社は平成17年5月に設立された。
同社で働くスタッフは、過激なデスマッチで知られる「大日本(にっぽん)プロレス」に所属する選手らで、小林社長自身も同団体に所属する現役レスラーだ。
「アブドーラ小林」のリングネームで活躍する 同社長が、引退するレスラーの受け皿として開業した。
同社長はもともと、プロレス興行の合間に、コピー機の設置の助手などに従事していたという。
その後、ラジオ出演を機に本格的にやろうということで引越業に転身、同社を興した。
設立から3年が経つが、設立当初はプロレス興行の合間しか働けず、決して十分なサービスができるという 状況ではなかった。
小林社長によると、プロレス興行は年間70回、多いときには100回を数えるという。
そのため、同社の引越サービスはあくまでファンサービスの域を出なかった。
>>2-以降に続く

やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です