Sponsored Link


「長州から8人目の首相を」盛り上がる安倍氏の地元安倍官房長官が12日に出席した山口県下関、長門両… 



Sponsored Link
 


「長州から8人目の総理大臣を」盛り上がる安倍氏の地元

安倍官房長官が12日に出席した山口県下関、長門両市での「激励会」では、佐藤栄作氏以来34年ぶりとなる「長州8人目の総理大臣」誕生への期待が膨らんだ。
ただ、予想外に早い総理大臣への「王手」とあって、地元には戸惑いもあるようだ。
下関の会場では、3000人近くの支持者が安倍氏を手拍子で迎えた。
「次は総理になってからのご帰還にならざるをえない。
今日、ちょっとでも、においでも、(総裁選立候補の)ご表明をいただきたいと思うのは私だけでしょうか」地元選出の林芳正参議院議員が壇上の安倍氏に語りかけると、会場はどっと沸き、拍手が起きた。
父晋太郎氏の出身地・長門では600人が集まった。
「安倍晋三総理の実現を目指す特別決議」を市議会が6月に採択するなど、県内でも特に期待感が高い。
松林正俊市長はあいさつで「小泉改革は国のかたちを変えようとするもの。
私たちの先人たちは維新という国のかたちを変える大事業を成し遂げた。
同じ長州人である安倍晋三先生が改革を継承するにふさわしい政治家だ」。
一方、晋太郎氏時代の支持者の中には、外相や通産相、党の要職を歴任した父と比べて、安倍氏の経験不足を心配する声もある。
下関市の水産卸会社社長(結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです)、浜本信幸さん(70)は「総理大臣になって野党からの追及に説明しきれるか。
閣僚は官房長官しかやっていない。
能力があればまたチャンスは回ってくると思う」と語る。
http://www.asahi.com/politics/update/0812/008.html

すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です