Sponsored Link


JR脱線で、事故死した運転士を慰霊せず…JR西日本、殉職者法要除外を主張脱線事故運転士を慰霊せずJ… 



Sponsored Link
 


JR脱線で、事故死した運転士を慰霊せず…JR西日本(にっぽん)、殉職者法要除外を主張

脱線事故運転士を慰霊せずJR西が殉職者法要除外・JR西日本(にっぽん)が6日午前、奈良県・東大寺で営んだ恒例の「殉職者慰霊法要」で、尼崎JR脱線事故で死亡した高見隆二郎運転士=当時(23)=を対象から除外したことが分かった。
同社広報室は「事故原因がはっきりしないため今回は見送った」と説明しているが、社内からは「運転士も会社の安全軽視体質の犠牲者だ」と批判の声が上がっている。
法要は鉄道事故などで死亡した社員の追悼が目的で、垣内剛社長(盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです)や南谷昌二郎会長らが出席した。
国鉄時代に殉職した約5900人とJR西日本(にっぽん)発足後の12人を対象にした。
同社によると、線路に落ちた乗客を助けようとして電車にはねられた場合などが殉職に当たり、本人の過失が原因の場合はこれまでも対象外としているという。

道理を悟らない者は偏屈者であり、道理を悟れない者は愚者であり、あえて道理を悟ろうとしない者は奴隷である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です