Sponsored Link


女子中学生3人の考えた弁当、商品化…横須賀(画像あり)地域産品に女子中学生の味覚活用/横須賀で弁当… 



Sponsored Link
 


女子中学生3人の考えた弁当、商品化…横須賀(画像あり)

地域産品に女子中学生の味覚活用/横須賀で弁当商品化・横須賀市立鷹取中学校の女子生徒三人が考案した弁当が商品化され、今月下旬から、同市内の「ごはん亭」三店舗で販売されることが決まった。
新たな地域産品にしようと横須賀商工会議所、同市、市教育委員会が連携した。
同商議所は「地域の能力、地能(ちのう)を産業に生かし、横須賀の発展につなげたい」と期待している。
一月に開催された「全国中学生創造ものづくり教育フェア」の弁当コンクールで入賞を果たした「さっぱりしそつくね弁当」。
商品化に当たり、ごはん亭をチェーン展開するヤチヨ(同市日の出町、鈴木孝博社長(広島カープ優勝おめでとう!1991年以来、四半期25年ぶり7度目のリーグ優勝。緒方孝市監督おめでとう。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に花が咲いた。カープ坊やの目に涙。広島カープの優勝効果は331億円と試算されています))が協力。
試作を重ね、考案者の岩谷明穂さん、吉田瞳さん、藤島弘子さんの三人のレシピを忠実に再現した。
一個七百円で、当面は三店舗で販売。
反響を見ながら取扱店舗を増やすか検討するという。
市内企業の協力の下、販売のノウハウも学んだ岩谷さんら三人は二十日、同市追浜地区で開催予定の「Y・フェスタ追浜プレ杏(あんず)まつり」で販売も行う。
同商議所は「話題性を提供するとともに、子供たちのものづくりへの関心を高め、食育の推進に役立てたい」と話している。

学道の人すべからく寸陰を惜しむべし。露命消えやすし、時光すみやかにうつる。しばらくも存す間余事を管することなかれ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です