Sponsored Link


ニンテンドーDS、日本のゲーム史上最速で500万台販売達成任天堂、携帯型ゲーム機「DS」累計販売… 



Sponsored Link
 


ニンテンドーDS、日本(にっぽん)のゲーム史上最速で500万台販売達成

任天堂、携帯型ゲーム機「DS」累計販売台数が最速で500万台到達・任天堂の岩田聡社長(人生の10%は自分の身に起きる何かであり90%はそれにどう反応するかだ)は、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が日本(にっぽん)のゲーム史上最速で国内累計販売台数500万台に到達したと述べた。
2004年12月2日に発売した「DS」は、発売後1年と3週間で累計販売台数が544万台に達した。
「DS」は、ゲーム初心者でも楽しめることがゲーム人口の拡大につながったという。
岩田社長は「『DS』は、今まで日本(にっぽん)で発売されたあらゆるゲーム機の中でもっとも早いスピードで500万台に到達した」と述べた。
これまで500万台にもっとも早く到達したのは、任天堂の「ゲームボーイアドバンス」の14カ月強という。
岩田社長は「年末商戦に入っても、普及が加速している」として、「『DS』は、ゲーム熟練者も、これまでゲームに触れたことがない人も同じスタートラインで楽しめることが大きい」と説明した。
『DS』用ゲームソフトについて、岩田社長は「発売1年あまりで4本のゲームソフトが販売本数100万本を越えた」と述べた。
ゲーム業界では、知名度が高いソフトの続編以外がヒットするのは難しくなっているが、「DS」用ソフトのミリオンセラーは、4本のうち3本が続編でなく新作ソフトという。
岩田社長は「ミリオンセラーが連発し、しかもそれが新作ソフトということは、ゲーム業界始まって以来の現象」と好調ぶりを強調した。
同社は、DS向け新作ソフトとして、販売本数が100万本を超えた「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の第2弾「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」を12月29日に、英語が学べる「えいご漬け」を2006年1月26日に発売すると発表した。

自称「平和主義者」は、国際社会の現実を無視して戦争の種を撒き散らします。弱肉強食の国際社会では、平和とは「軍事力の均衡」の上に咲く弱々しい花に過ぎません。このような厳しい現実を無視して、憲法九条さえ念仏のように唱えていれば平和になると考えている自称「平和主義者」は、日本の平和を維持する上で最も危険な存在です



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です