Sponsored Link


二宮清純、「お家騒動」ロッテは阪神に学ぶべし 20年近くも前だが阪神電鉄の広報から抗議を受けたことが… 



Sponsored Link
 


二宮清純、「お家騒動」ロッテは阪神に学ぶべし

20年近くも前だが阪神電鉄の広報から抗議を受けたことがある。
タイガースは阪神グループの単なる広告塔 ではない。
グループの基幹事業である。
ならばもっと強化資金を投入したり、有能な人的資源を球団に送り込む べきだ…。
そんな記事を月刊誌に書いた。
電鉄本体の小規模さを強調しようとするあまり、つい筆が滑った。
<電鉄の総営業距離数は40数キロ(現在は48.9キロ)。
マラソンの瀬古利彦や中山竹通が全盛期なら 2時間8分か9分で走れる>。
これが先方の機嫌を損ねたようだ。
「二宮さん、アンタよう調べてますけど、ひとつ間違ってますワ。
踏み切りを計算に入れんかったでしょう。
残念ながら2時間半はかかりますワ」。
なんとも牧歌的な時代だった。
かつて「お家騒動」と言えばタイガースの「お家芸」だった。
オフになると何かとモメ事を起こし、世間の耳目を ひいた。
私にいわせれば「ストーブリーグ・ビジネス」だ。
新聞やテレビジョンなどの周辺産業もそれによって活性化した。
最近は「お家騒動」の「お家元」が西のタイガースから東のマリーンズに移りつつある。
しかし本家に比べると、まだまだ芸が未熟だといわざるを得ない。
事の発端は日本(にっぽん)経済新聞(4月25日付)の記事。
最高首脳の「オーナーサイドからはロッテのイメージが悪くなる ならフランチャイズをかえたらどうかとの話もある」との発言を紹介し、公式の議事録にも掲載されていると報じた。
27日には報道各社に「社長(やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ)ミーティング議事録」なる文書がファックスされ、瀬戸山隆三球団社長が記者会見する 騒ぎに発展した。
瀬戸山氏は言下に「そもそも公式の議事録などないし、偽造ではないか」と否定した。
いわば “怪文書”というわけだ。
仮に「偽造」であれば、これは場合によっては有印私文書偽造罪にあたるとの指摘もある。
そうした深刻な問題に今、深入りすることが得策だとはとても思えない。
多くのプロ野球ベースボールファンは今季のペナントレース は1強5弱のセ・リーグより群雄割拠のパ・リーグの方がおもしろいと感じている。
GW前のゴタゴタはせっかくの盛り 上がりに水を差す。
「お家騒動」の続編は貴重な“裏コンテンツ”なのだからシーズン終了後まで大事にとっておいて欲しい。
http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.phpstoryid=2514

過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取りかえしはつく



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です