Sponsored Link


三沢追悼オールスター戦、年内実現へ 6月13日の試合中に頭部を強打して急死したプロレスリング・ノア… 



Sponsored Link
 


三沢追悼オールスター戦、年内実現へ

6月13日の試合中に頭部を強打して急死したプロレスリング・ノアの社長(人間には二種類しかない。一つは、自己を罪人だと思っている義人であり、他の一つは、自己を義人だと思っている罪人である)、三沢光晴さん(享年46)の「追悼興行」が、早ければ年内にも行われる可能性が浮上した。
4日、ノアの百田光雄副社長(60)が、他団体へ呼びかけることに前向きな姿勢を示した。
プロレス業界が一丸となって、三沢さんが追い求めた 人気復興を実現させる。
いま、できることをやってみる。
日本(にっぽん)のマット界が一つになって、天国で見守る三沢さんに最高の追悼試合を 提供する。
約2万5000人のファンが投げ込んだ献花で埋め尽くされたリングを見つめた百田副社長は、三沢さんの追悼興行を検討し、他団体へ呼びかけることを明言した。
「時期を置いて大きな試合ができれば…。
(他団体の)みんなと相談していきたい」 三沢さんが亡くなって以降、この日のお別れ会に全力を注いできた。
5日には選手会興行があり、12日には 新シリーズが開幕する。
所属選手たちも社長の死を受け入れ、乗り越えようとしている。
そこで浮上するのが 追悼興行だ。
>>2-5あたりへ続く サンスポ 2009.7.5 05:05 【プロレス】三沢光晴さん、お別れ会に前日から徹夜組が列 【プロレス】力道山vs三沢光晴さん 来年CMでCG対決へ 【プロレス】三沢さんお別れの会に永田ら新日勢30人

職業にあるものは多かれ少なかれ分業の害悪を嘗めねばならない。彼は一生を通じて細かに切り刻まれた仕事に没頭して、一部分人としてしか成長しえない危険に瀕する



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です