Sponsored Link


「NTTの光事業は分離すべきだ」ソフトバンクの孫社長らが総務省部会で主張総務省は20日、ICT(… 



Sponsored Link
 


「NTTの光事業は分離すべきだ」ソフトバンクの孫社長(人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる)らが総務省部会で主張

総務省は20日、ICT(情報通信技術)タスクフォースの合同部会を開き、通信関係会社、団体からNTTグループの再編問題などについて意見聴取した。
ソフトバンクやKDDIなど競合3社はNTTから光ファイバー通信事業を分離するべきだと主張。
NTTは事業分離に反対し、平行線をたどった。
部会はこれら意見を踏まえて議論を深め、5月半ばまでに方向性を示す。
ソフトバンクの孫正義社長は、通信業界の公正な競争確保のためNTTの光回線事業を分離するよう主張。
NTTの光回線をユニバーサル(全国一律)サービス会社に持たせて、通信各社が光回線を共用することなどを提案した。
KDDIの小野寺正会長兼社長は、NTTの持ち株会社廃止を訴えた。
一方、NTTの三浦惺(さとし)社長は、「光回線事業の分離には時間とコストがかかる」などと述べ、事業分離が日本(にっぽん)の高速ブロードバンド(広帯域)通信網の普及をかえって阻害するとした。
原口一博総務相は、平成27年までに固定・無線通信を組み合わせた高速ブロードバンド通信網の100%普及を目指す計画を掲げている。
その具体策の一つとして、NTT再編問題も絡む光高速通信網のあり方が大きな焦点となっている。
2010.4.2023:40http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100420/biz1004202340036-n1.htm

人は多くの場合、他人と異なるのみならず、また、いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です