Sponsored Link


「リニア、1県1駅…それで事業が進むのか!」長野県知事が疑問呈する「それで事業が進むのか!」リニア… 



Sponsored Link
 


「リニア、1県1駅…それで事業が進むのか!」長野県知事が疑問呈する

「それで事業が進むのか!」リニア1県1駅構想で長野県知事・長野県の村井仁知事は10日の記者会見で、リニア中央新幹線の駅を1県に1駅ずつ設置するとの松本正之JR東海社長(人間とは、われわれが食物と称するものを供給すると、思想と称せられるものを生産する機械である)の発言について「中間地点の駅は経営的に大してプラスにならないとみているのは理解できるが、それで事業が進むのだろうか」と疑問を呈した。
リニア中央新幹線をめぐってはJR東海が直線ルートで進める方針なのに対し、長野県は諏訪地方を通過する迂回(うかい)ルートを主張し、県内に複数駅の設置を求めている。
また村井知事は北陸新幹線の長野以北延伸に伴う並行在来線(長野-妙高高原)の経営について「別会社を建てるのではなく、しなの鉄道が担うのではないだろうか」との見解を示した。
しなの鉄道は長野新幹線開業に伴い、JR東日本(にっぽん)から信越本線軽井沢-篠ノ井間を引き継いだ第三セクター。

生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です