Sponsored Link


トヨタ、1950年以来の赤字転落へ…トヨタ単独での通期・トヨタ自動車は、2009年3月期決算の業績… 



Sponsored Link
 


トヨタ、1950年以来の赤字転落へ…トヨタ単独での通期

・トヨタ自動車は、2009年3月期決算の業績予想を下方修正する方針を固めた。
22日の年末会見で公表する。
円高と販売不振のため、単独では通期の営業損益が約半世紀ぶりの赤字に転落する公算が大きくなっている。
トヨタが赤字に陥れば、世界同時不況による日本(にっぽん)製造業の苦境をあらためて浮き彫りにする形となる。
トヨタ単独の09年3月期の業績予想は当初、売上高11兆9000億円、本業のもうけを示す営業利益が5000億円、純利益7700億円だった。
だが世界金融危機と販売不振に伴い、11月6日の中間決算発表時、売上高を10兆6000億円に、営業利益を前期比87%減の1400億円(下半期は1100億円の赤字)に、純利益を5100億円に、それぞれ下方修正した。
この際は下半期の為替レートを1ドル=100円、1ユーロ=130円に想定。
だがその後、1ドル=90円を突破する円高が進み、為替差損がさらに拡大した。
日米欧の販売不振は新興国や資源国にも広がり、当時の想定よりはるかに深刻化。
年度末に向けてさらに悪化するとみられている。
このため下半期は損失が大きく膨らみ、収益改善策の効果を差し引いても上半期の単独営業利益の実績(2525億円)を消失させる可能性が高まっている。
トヨタは来年1-3月の市場動向を慎重に見極めながら2度目の下方修正について詰めの検討を急いでおり、22日に正式決定するとみられる。
トヨタが過去に赤字を出したのは、いずれも税引き前利益ベースで、創業直後の1938年3月期と、戦後の経営危機で創業者の故・豊田喜一郎氏の社長(われわれはすべて自然を観賞することばかりが多く、自然とともに生きることがあまりに少ないように思われる)退任につながった50年3月期の2回だけ。
トヨタは連結決算予想についても11月に営業利益を前期比73%減の6000億円に修正している。
連結では通期で黒字を確保するもようだが、トヨタ幹部は「まだ分からない」と話している。
自動車業界ではホンダが17日、09年3月期連結決算の業績予想で、営業利益を従来より3700億円減の1800億円に下方修正している。
http://www.chunichi.co.jp/article/economics/news/CK2008121902000072.html

うるさい女房と一緒に暮らすより、荒野で一人で暮らす方がマシだ。旧約聖書



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です