Sponsored Link


旧経営陣立件へ協議詰めカネボウ粉飾決算で東京地検特捜部旧経営陣立件へ協議詰めカネボウ粉飾決算で特… 



Sponsored Link
 


旧経営陣立件へ協議詰めカネボウ粉飾決算で東京地検特捜部

旧経営陣立件へ協議詰めカネボウ粉飾決算で特捜部経営再建中のカネボウ(東京)の粉飾決算問題で、東京地検特捜部は27日、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで帆足隆元社長(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)(69)ら当時の経営陣の立件に向け、最高検、東京高検と詰めの協議に入ったもようだ。
カネボウは今年4月、2000年3月期から04年3月期までの5年間で総額2156億円に上る粉飾決算があり、実際は9年連続で債務超過だったと発表した。
関係者によると、粉飾決算は帆足元社長の指示で、宮原卓元副社長(63)と嶋田賢三郎元常務(59)が主導した。
売上高の水増しや経費の過少計上のほか、多額の負債を抱えた関係会社を連結対象から外すことで、利益があるように見せ掛けた決算を作成したとされる。
共同通信

「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です