Sponsored Link


別荘で優雅な週末…富裕層以外の一般サラリーマン世帯にも購入が広がる避暑地の別荘、自分だけの無人島… 



Sponsored Link
 


別荘で優雅な週末…富裕層以外の一般サラリーマン世帯にも購入が広がる

避暑地の別荘、自分だけの無人島…。
都会の喧騒(けんそう)から離れ、心も体もリラックスできる優雅な週末を過ごす人が増えているという。
IT長者ら、いわゆる富裕層だけでなく、一般的なサラリーマン世帯にも広がっているようで、背景には「日常生活はリーズナブルに、特別なものには惜しみなくお金をかける」という新しい価値観が育ってきていることがあるようだ。
国内有数の別荘地、長野県の軽井沢。
バブル崩壊後、鳴りを潜めていた豪華別荘が最近、急速に売れ始めているという。
(中略)購入者は、やはりIT関連企業の社長(たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中で分かっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです)など30代後半から50代の“勝ち組”が中心。
3000万-5000万円が売れ筋だが、1億円を超える物件も全体の1割程度を占めているという。
また、地域によっては光ファイバーを引けるため通信環境も良く、別荘兼オフィスにする人もいる。
だが一方で興味深いのは、「高所得者だけでなく、平均的なサラリーマン家庭の購入も増え、別荘購入の裾野が広がってきている」(安藤さん)ことだ。
「要はライフスタイルを豊かにしたいと考える人が増えているということでしょう。
別荘の購入を子供たちが自然と触れ合える教育費の一環ととらえている(平均的な)ファミリーもいます」と安藤さん。
都心でローンを組んで高額なマンションや一戸建てを購入するという選択ではなく、都心では賃貸住宅に住み、“理想的な自宅”は週末に軽井沢で実現するという考えだ。
最近、「ミニバブル」と称されるほど株式市場が活況を呈しているが、安藤さんは「バブル期のときの(投機的な)別荘購入感覚とは全然違います。
人口が増え、別荘の稼働率も高い。
子供の教育や、自分たちのリラックスのためなど、お金の使い方が確実に変化しているようです」と分析している。
(以下略、全文はソース元でご確認ください)ソースhttp://www.sankei.co.jp/news/051209/kei023.htm

およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です