Sponsored Link


街から消えていく本屋さん書店、10年間で29%減…和歌山県ではほぼ半減消える書店、10年間で29%… 



Sponsored Link
 


街から消えていく本屋さん書店、10年間で29%減…和歌山県ではほぼ半減

消える書店、10年間で29%減和歌山県ではほぼ半減・出版市場が2兆円割れし、縮小が続く中、各地で書店が消えている。
この10年間で6403店減少し、ほぼ半減している県もあることが分かった。
全国の書店を調査しているアルメディア(東京都)のデータをもとに、2000年と今年1月時点の書店数を比較し、減少率を計算した。
00年に全国で2万1922店あった書店は一貫して減少し、10年には約29%減の1万5519店となった。
最も減少率が高かったのは和歌山県で、257店から137店へと約47%も減少。
次いで山口県、佐賀県が約38%減少した。
和歌山県の書店商業組合によると、同県では、スーパーとの複合型店や郊外型の大型店などが増え、中小書店の廃業が相次いだという。
店舗数の格差は今年1月、最多の東京都が1739店に対し、最少の鳥取県は80店だった。
また、09年の書店の新規出店数は286店と、同社が統計を取り始めた00年以降で初めて300店を割った。
同社の加賀美幹雄社長(偏見を持つな。相手が幕臣であろうと乞食であろうと、教えを受けるべき人間なら俺は受けるわい。坂本龍馬)は「積極的に出店を続けてきた全国チェーンも息切れを始めている。
今後、チェーン店の淘汰(とうた)が始まれば、さらに減少が膨らむ可能性もある」とみる。
http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY201001260130.html

幸福になる必要なんかありはしないと、自分を説き伏せることに成功したあの日から、 幸福がぼくのなかに棲みはじめた



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です