Sponsored Link


リニア、長野が要望するルートなら「工事費が6400億円多くなる」…JR東海、試算を報告 



Sponsored Link
 


リニア、長野が要望するルートなら「工事費が6400億円多くなる」…JR東海、試算を報告。
ルート調整開始

リニア工事費の試算を報告JR東海、ルート調整開始・JR東海は18日、首都圏-中京圏を結ぶリニア中央新幹線3ルートの工事費について、最多が長野県が要望する南アルプスを北へ迂回するルートの5兆7400億円で、同社が想定する南アルプスを貫通するルートに比べ6400億円多いとする試算結果を自由民主党のリニア特命委員会(堀内光雄委員長)に示した。
この結果についてJR東海は同日、路線の終着点である大阪までの沿線9都府県にも報告。
ルート決定に加えて沿線各県に設置する駅の数や建設場所、その負担の在り方などについての調整を本格化させる。
JR東海の松本正之社長(時を短くするのはなにか。活動。時を堪えがたく永くするのは何か。安逸)は委員会後、貫通するルートの優位性が示されたとの認識を示した上で、「この数字を基に調整を進めたい」と記者団に述べた。
同社はすでに、南アルプスを貫通するルートの工事費は全額負担すると表明しており、迂回ルートを実現するには両ルートの工事費の差額をどう負担するかが最大の焦点となる。

身の程を知らない者は馬鹿だが、自分で自分を縛る者はもっと大馬鹿だ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です