Sponsored Link


タミヤ社長のこだわりに触れる「田宮俊作展」ミニ四駆など展示浜松静岡県浜松市の浜松市美術館で、「田… 



Sponsored Link
 


タミヤ社長(われわれはすべて自然を観賞することばかりが多く、自然とともに生きることがあまりに少ないように思われる)のこだわりに触れる「田宮俊作展」ミニ四駆など展示浜松

静岡県浜松市の浜松市美術館で、「田宮俊作展」(主催:浜松市美術館・中日新聞東海本社)が開催されている。
タミヤ代表取締役社長の田宮俊作氏が手がけてきた製品の数々を展示するとともに、同社創業から現在に至るまでのさまざまなエピソードが紹介されている。
タミヤは、田宮俊作氏の父・義雄氏が1946年に設立した木材加工会社の田宮商事を前身としている。
創業時は建築材を取り扱っていたが、木製模型に可能性を見出して模型教材の製造販売を開始。
その後、建築材の事業は閉じて模型専業メーカーとなり、1960年代以降は模型業界の時流に沿う形で木製模型からプラスチック模型へと転換。
俊作氏は大学卒業後1958年に田宮商事に入社して以降、長い間同社商品の企画・設計で中心的な役割を果たしており、タミヤを世界的なプラモデルメーカーに育て上げた立役者である。
展示会場にはタミヤの代表的なプラモデルの完成品のほか、俊作氏が取材時に携行したカメラ、製品の金型、古いポスターやカタログ、同社所有のフォーミュラカーの実車などが並ぶ。
以下略http://journal.mycom.co.jp/news/2006/07/24/321.html

旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です