Sponsored Link


10万円台「男のきもの」好調10万円台「男のきもの」好調日本きもの連盟値ごろ感、来年に新色正月は男性… 



Sponsored Link
 


10万円台「男のきもの」好調

10万円台「男のきもの」好調日本(にっぽん)きもの連盟値ごろ感、来年に新色正月は男性も着物で過ごそうと呼び掛け、和装業界でつくる日本(にっぽん)きもの連盟(京都市下京区)が初の統一ブランド「男のきもの・おしゃれ専科」の普及に力を入れている。
一式10万円台の値ごろ感から販売が伸びているといい、来年には新色も投入してブーム盛り上げを目指す。
「男のきもの」は、女性向け主体の和装市場が縮小する中、若い世代を含め男性需要を掘り起こすため昨年10月に本格販売を開始。
丹後ちりめんの着物と羽織のセットで黒、グレーなど6タイプをそろえた。
無地染めで量産化を図り、同等品の半額以下の一式約12万8千円という低価格が評判を呼び、1年余りで予想を上回る600セットが売れた。
取り扱い店舗も全国130店まで広がっており、呉服店「京都まるなか」(八幡市)は「店に夫婦で着物を見に来て買っていくケースが多い」(中西英章社長(「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」))という。
来年前半には素材や色の種類を増やす計画も立てており、開発委員会で企画中だ。
同連盟の中崎良文次長は「消費者の聞き取り調査で望まれる価格帯を設定して商品化した。
着物を着たがっている男性は多く、さらにPRして浸透させたい」と話している。
京都新聞http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009122800195&genre=B1&area=K00

うつ病になりかけているという兆候のひとつは、自分の仕事がなによりも重要だと信じていることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です