Sponsored Link


新宿エレベーター事故手動式扉のロック装置を45年間で一度も交換していない可能性が明らかに…東京東京都… 



Sponsored Link
 


新宿エレベーター事故手動式扉のロック装置を45年間で一度も交換していない可能性が明らかに…東京

東京都新宿区信濃町のビル1階で、人が乗る「かご」がないのにエレベーター(EV)の扉が開き、そば店主の男性(74)が転落死した事故で、EVを製造した三精輸送機(本社・大阪府吹田市)は18日、手動式扉のロック装置は1964年の納入以来、一度も部品交換していない可能性があると明らかにした。
ロック装置の不具合が事故につながったとの認識も示した。
三和正明社長(人間というものは…二種類の劃然と分かれた種類から成り立っている。すなわち借りる人間と、貸す人間との二つの種族)らが国土交通省で会見した。
同社によると、各階の扉は、扉上部にある鉄製のフックが、壁に固定された装置とかみ合うことで開かなくなる仕組み。
かごが到着した階に限り、フックが外れて手動で開けられる。
同社は製造時、このロック装置の使用年数の基準を電気系統設備の耐久性から、10年と定めていたという。
しかし、同社が進めている確認作業では、ロック装置の部品を交換した記録は見つかっていないという。
75年から保守点検を担っている同社のグループ会社の記録にも、部品の交換や、不具合が生じたとの報告はないとした。
10年を超えても部品を交換していない理由について、同社は「交換の判断は年数だけではなく、使用回数や使い方にもよる。
(このEVは)使用頻度は少なく、月2回の点検でも問題はなかった」と説明した。
同型のEVは現在は製造しておらず、何基使用されているか確認中だという。
三和社長は「尊い命が失われ、謹んでおわび申し上げます。
原因究明には全力で対応していきたい」と謝罪した。
この事故では警視庁の検証で、装置の一部が摩耗してロックがかかりにくい状態だった可能性が出ている。

どんな馬鹿でも、あら探しをしたり、難くせをつけたり、苦情を言ったりできます。そしてたいていの馬鹿が、それをするのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Nyanna より:

    If my problem was a Death Star, this article is a photon topedro.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です