Sponsored Link


東北楽天がアドバイザーとして元西武・ダイエー球団代表の坂井保之氏を招へい 楽天が球団アドバイザーと… 



Sponsored Link
 


東北楽天がアドバイザーとして元西武・ダイエー球団代表の坂井保之氏を招へい

楽天が球団アドバイザーとして、元西武、ダイエーの球団代表としてらつ腕を振るった 野球ベースボール経営評論家の坂井保之氏(72)を招へいする方針を固めたことが30日、明らかに なった。
来季から野村克也新監督(70)を迎えるとともに、球団ではフロントの改革にも着手。
西武、ダイエーの黄金時代の基礎を築いた坂井氏を招き、常勝軍団のノウハウを取り入れたい考えだ。
フロント改革が本格的に始まった。
楽天では、野村監督の就任が内定した10月上旬 から、球団のアドバイザー的な人選に着手。
球団関係者は「フロントも抜本的な改革が必要。
できれば球界を知る人に来てもらいたい」とし、坂井氏に白羽の矢が立った。
坂井氏は西武の球団代表を務めた82年に、チームをリーグ初優勝、日本(にっぽん)一に導いた。
球団の組織改革を進める一方、当時の根本管理部長とともに「強いフロントづくり」に成功。
85年には清原の獲得に成功するなど、西武の黄金時代の基礎を完成させた。
89年10月 からはダイエー(現ソフトバンク)の球団代表に就任。
退任した93年には観客動員が 246万2000人となり、当時のパ新記録を達成。
球団では豊富な経験と広い人脈に 着目している。
楽天は11月1日から新体制を発足。
社長(光陰は矢のごとく、取り返すすべもなく、風にさらわれるように去ってしまう)直轄の「編成本部」を立ち上げ、山下前2軍 監督が本部長に就任した。
下部組織にはスカウト部、編成企画部、国際部などを設置 している。
既に坂井氏は9月21日にフルスタ宮城を視察。
「初年度は最下位で万々歳。
西武もダイエーも最初は弱かった。
2年目、3年目と徐々に順位を上げていけばいい」 と話していた。
楽天は来年もシーズン中の学校訪問などによる底辺拡大活動を推し進める。
中長期的な 経営方針で、地域密着型のチームづくりは成功するのか。
坂井氏の手腕に大きな期待が かかる。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/12/01/03.html

先に進むための秘訣は、まず始めること。まず始めるための秘訣は、複雑で圧倒する仕事を、扱いやすい小さな仕事に分解して、最初のひとつを始めることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です