Sponsored Link


「社長の謝罪・説明、心がこもってない!」…公聴会で、米議員トヨタ社長“謝罪”も米議会「心こもっていな… 



Sponsored Link
 


「社長(盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです)の謝罪・説明、心がこもってない!」…公聴会で、米議員

トヨタ社長“謝罪”も米議会「心こもっていない」・トヨタ自動車の大規模リコール(無料の回収・修理)問題で、米議会下院の監視・政府改革委員会は24日(日本(にっぽん)時間25日)、公聴会を開き、豊田章男社長(53)が出席した。
米議会が日本(にっぽん)企業トップを招致したのは異例。
共同電によると、豊田社長は冒頭、用意した英語の書面を緊張した面持ちで読み上げ、リコールや事故発生について「誠に残念(deeplysorry)」と謝罪。
各議員は「(トヨタには)問題に迅速に対応できない体質があるのか」などと追及、やりとりは約3時間に及んだ。
「昨年、社長に就任し、会社として知っていたこととわたしが知っていることは違う」など、豊田社長のあいまいな返答も目立ったため、議員の一部が「十分に心がこもっているようには見えない」と反発。
不信や疑念が完全には解消されたとは言えなかった。
終了後、豊田社長はワシントンで開かれたトヨタ関係者らとの集会に出席。
“身内”の前で緊張が解けたのか「私は独りぼっちではなかった。
アメリカ合衆国中、世界中の同僚が私とともにいてくれた」と泣きだした。
また、米CNNテレビジョンの人気対談番組「ラリー・キング・ライブ」にも出演した。
25日の東京株式市場で、トヨタ自動車の株価は前日より5円安い3270円で取引を終えた。

悪徳の最たるものは、いかなる悪徳をも怖れず、悪徳を自慢し、悪徳を後悔しないことである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です