Sponsored Link


ホリエモンこと堀江貴文さん「プレイステーション2全盛期のときにマイクロソフトに高値売却すべきだった… 



Sponsored Link
 


ホリエモンこと堀江貴文さん「プレイステーション2全盛期のときにマイクロソフトに高値売却すべきだった」

元ライブドア代表取締役社長(人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない)の堀江貴文(通称ホリエモン/タカポン)氏が、公式ブログで「PS2全盛期のときにMicrosoftに高値売却すべきだった」と、テレビジョンゲーム業界に対して言及している。
PS2はソニー・コンピュータエンタテインメントのテレビジョンゲームハードで、任天堂を凌駕するほどの大ヒット。
現在のPS3の状態が想像もできないほど、飛ぶ鳥を落とす勢いがあった。
堀江氏は最近のPS3がらみのトラブルを引き合いに出し、「ゲーム事業はPS2全盛期のときにMicrosoftに高値売却すべきだったのかも・・・・。
edyを楽天に売却したり迷走が続くソニーですが、大変ですね」と、ソニーグループの動向に注目している。
ソニー・コンピュータエンタテインメントは新作ゲームに大規模なバグが発生したり、PS3の内部時計が狂ってデータが破壊してしまうトラブルが発生したり、ソニー・コンピュータエンタテインメント自体が解散することになったりと、不安な状況が続いている。
堀江氏のコメントを読んだ読者のひとりは、「ソニーは出井体制で崩壊しましたからねぇ。
スティーブ・ジョブズとえらい違いです。
会社を活かすも殺すも経営者次第だとよくわかる事例ですね。
ソニーもAppleも目指す方向は凄く似てるだけにわかりやすい」と、ブログのコメント欄で意見を述べていた。
堀江氏によると、「あ、その辺詳しく書いた書籍は4月初めに発売予定です」とのこと。
ソニーグループのことが気になる方はチェックしてみるとよいかもしれない。
写真と

人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です