Sponsored Link


赤福餅ネット販売へ「当日製造、当日販売」の掟破る消費期限の偽装問題などで揺れた和菓子メーカー「赤… 



Sponsored Link
 


赤福餅ネット販売へ「当日製造、当日販売」の掟破る

消費期限の偽装問題などで揺れた和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)は、今春から赤福餅のInternet販売を始める。
赤福餅は「当日製造、当日販売」が原則だが、消費者の要望に応える形で「掟(おきて)」を破る。
夏場を除いた時期に限定し、製造の翌日に届く地域からの注文を受け付ける。
赤福は07年10月、一度製造した商品を冷凍保存し、解凍した日を製造日と表示する消費期限偽装などが発覚。
日本(にっぽん)農林規格(JAS)法に違反したとして、約3カ月間、営業禁止処分を受けた。
赤福餅は現在、東海、近畿地方にある直営店や名古屋ステーションのキヨスクなどの委託店計約250店でしか買えないが、全国から注文の問い合わせが多く、不正発覚後に就任した玉井英二会長の「東京でも売ったらどうだ」との提案が、ネット販売のアイデアにつながった。
これまでも、店頭で大量に購入した人のために有料で宅配サービスを実施してきたが、ネット販売は初めて。
製造日の翌日に宅配できる地域が対象となる。
ホームページ上で料金の決済もでき、宅配が不可能な地域も表示することにしている。
浜田典保社長(愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ)は「昨年2月の営業再開後、赤福餅を送ってほしいという声が全国から寄せられた。
製造日の翌日に届くことを理解したうえで味わってほしい」と話した。
赤福は1707(宝永4)年創業の老舗(しにせ)。
2009年1月30日11時35分http://www.asahi.com/business/update/0130/NGY200901300001.html製造日の翌日届けを前提に今春からInternet販売が始まる赤福餅http://www.asahi.com/business/update/0130/images/NGY200901300003.jpg

映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です