Sponsored Link


よしもと社長に直談判 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二がNYに拠点を移す



Sponsored Link
 


8日深夜放送のラジオ番組「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」(MBSラジオ)で、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が米国ニューヨークで活動する裏側を平成ノブシコブシ・徳井健太が明かした。

8日、綾部は緊急記者会見を行い、来年4月から日本での芸能活動を無期限で休止し、米国でコメディアンを目指すと発表した。

番組同日のこの発表に出演者たちは驚いた様子で、徳井は「(綾部が)又吉が芥川賞をとったときに、前からずっと『ニューヨークに行きたい』って言ってた」と綾部に渡米願望があったと明かした。

また、知名度向上によりピース・又吉直樹のピン活動が増えたことで、コンビを休止しても迷惑をかけないと綾部が判断したのでは、と徳井は推測した。

徳井によると、綾部は、記者会見直前に自身の所属事務所であるよしもとクリエイティブ・エージェンシー社長・岡本昭彦氏に直訴したという。すると、岡本氏は「オモロイやん」「やったらエエやん」と快諾し、自ら記者会見を提案したというのだ。

これに出演者たちは感心の声をあげ、ココリコ・遠藤章造も「それが今日(の記者会見)やったんや」とつぶやいた。



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です