Sponsored Link


慶応大学強姦事件 犯人は在日韓国人



Sponsored Link
 


慶應義塾大学のミスコン中止から発覚した集団性的暴行事件ですが、その事件を起こした慶応広告学研究会の犯人グループの犯格の学生が在日韓国人であることが、週刊文春のスクープで判明したそうです。

日本にも闇の深い話は沢山ありますが、この慶応の不祥事もあまり報道されない気がするのは私だけでしょうか?

最近ネットのおかげで周知されてきたのは『在日韓国人』の実態についてですが、この事件がテレビで報道されない理由として、電通を始めとする韓国企業が圧力をかけているからだという噂があります。 日本のテレビメディアを席巻し、最近、東大女性社員を過労死&パワハラで自殺に追い込んだとバッシングされている電通の創業者会長が韓国人であったことは有名な話ですが、数々の女子アナなどを排出してきた慶應のミスコンを主催する広告学研究会が起こした主犯格が韓国人だったというのも、色々とつながるところが見えてきます。

慶応の広告学研究会の不祥事について

慶應義塾大学の不祥事が発覚したのは、先月の広告学研究会の合宿に参加していた10代の女子学生が、テキーラなどの強いお酒を数杯飲まされ複数の男子学生から性的暴行を加えられたことから、警察に被害届が出され、伝統のミスコンが中止になったことからでした。

いわゆるサークル合宿で羽目をはずしすぎた話(といっても事件ですが)で、何年に一回は慶応のような有名大学がこのような不祥事を起こして問題になっています。 考えようによっては『チャラいサークルに入った女子学生にも否があるのではないか?』という意見もあるのですが、どうやら事はもう少し悪質で、男子学生側が毒牙にかける意図があったように思えます。

すでに実行犯らしき人物の実名や写真画像もネット検索で大量にヒットしますが、『なんだこの札付きのやんちゃくれ集団は?』と思うような学生たちで、広告学研究会というサークル名からはかなりかけ離れたものを感じさせます。 調べると『案の定』な実態がネット上で数々暴露されていましたが、このサークルのタチが悪いのは、芸能界やメディアなどとツテがあると言って女子学生を誘うところでしょう。 ちなみにビリギャルのモデルになった女性も広告学研究会のメンバーだったそうで、この辺りがある種の警戒ラインを越えてしまう要因となってしまうのかもしれません。

そして先月、とうとう広告学研究会の合宿所で事件が起き、被害にあった10代の女子学生が勇気を出して被害届を出したことで、このサークルの実態が世間に周知されることとなったのです。

慶応広研の主犯格が在日韓国人だから報道されない?

慶応広告学研究会の不祥事ニュース

今回のこの慶応の不祥事事件もテレビではあまり報道されませんよね。 そもそも、慶應のミスコンが中止になった理由が『未成年者に飲酒を強要したこと』だったわけですが、文春や新潮などの週刊誌がスクープを報じなければ、テレビでは大して報道されずに隠蔽されてしまいそうな話でした。

冒頭でも少し書きましたが、報道されない理由は日本のマスメディアや有名企業が韓国企業(あるいは韓国の息のかかった企業)であり、主犯格の男が在日韓国人であることが明らかになったからです。

慶應義塾大学の広告学研究会は芸能界や各メディアとも繋がりがあるので、広告学研究会が主催する慶応のミスコンにもネームバリューがあるし、サークルメンバーもSNSなどを中心にどのような人物がいるのか一目瞭然ですし、顔も実名もネット検索すればすぐにヒットします。

そして今回、主犯は在日韓国人であると週刊文春が報じていましたが、これは闇が深い話です。

今回のように女性が被害に遭う事件は数々ありますが、このように大々的にニュースで報じられたりする場合、在日韓国人が関わっていることが非常に多いような気がします。

在日韓国人の事件リスト

これらのニュースが明らかにならない理由は、在日韓国人には在日特権として通名(日本人風の名前に変えること)が使用できたからです。 しかも、つい最近までは何回も変更が自由だというザル法でした(現在は回数制限あり)。

韓国人が皆悪いとは言いませんが、この通名の話は本当に闇が深い。

だって、明らかに外国人だとわかるような人物が日本で犯罪を犯した場合、訪れている国に対して敬意がなくマナー違反を大きく超えているわけですから、めちゃくちゃバッシングされますよね。 それが、日本語を喋り、見た目も日本人とそれほど違わず、名前も日本人名だったら、それほどバッシングされません。 犯罪者(または犯罪を意図しているもの)にとって、これほどやりやすいことはありませんし、一部では、日本の税金で生活保護を貰い受けて仕事もせずに日本に住みつく在日韓国人もいるので、この辺りはやはり問題視するべきところではないでしょうか。

慶応広告学研究会の不祥事ニュース

今回の慶應の広告学研究会の不祥事の主犯格の男が在日韓国人だということで、このような犯罪行為が他の在日韓国人の品位を貶めていることを理解しなければなりません。 ちゃんとした人間関係を築いている他の在日韓国人たちにとっては、非常に迷惑千万な話であることは間違いありませんし、日本人からしても益々嫌悪感を示すことになってしまいます。

慶應広告学研究会から電通へと色々ヤバい

今回の慶應の広告学研究会の不祥事に絡んだ主犯格の男が在日韓国人だと報じられ、タイミング的には電通の名前が思い浮かばずにはいられません。

電通といえば、東大女性社員の労働時間が過労死ラインを超えたことが原因で自殺し、その後ツイッターなどからパワハラの実態が浮かび上がり、現在、世間から大きなバッシングを受けています。 その電通は、まさに慶応の広告学研究会の延長線上にある存在であり、日本のメディアを牛耳っている韓国企業・電通として認識されています。

ただ、実質的韓国企業である電通はマス広告を扱うので、ネットや本を読まない層からすると知り得ない話ですし、多くの人は日本の立派な大企業だと信じ込んでいます。

フジテレビと韓国につながりのある電通社屋(電通社屋の床のデザイン)

大衆は電通によるマスメディア・コントロールによって煽動されていますが、慶應義塾大学の広告学研究会レベルから在日韓国人の息がかかっているというのは正直驚きですね。 よくよく考えると納得できなくもない話ですが、私たち日本人もこの辺りはちゃんと理解しておいた方がよさそうです。

誰にとって得な情報かわからずに流されている情報を鵜呑みにしていると、いつか自分に被害が回ってくるとも限りませんからね。

ただでさえ、韓国にとって都合の悪い情報はテレビでは報道されないので注意する必要があります。

それにしても慰安婦問題であれだけ韓国がうるさいのは後ろめたさあってのことなんでしょうか? 被害者が加害者になるというのも世の常なのでしょうが、当然のことながら、事件には複数名係わっていたと言われているので、加害者が日本人であっても外国人であっても同じ罪であることは言うまでもありませんが…。



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です