Sponsored Link


社員のWeb閲覧状況を把握する手段、多いのは「社長が見回る」ネットスターは14日、中堅・中小企業の経営… 



Sponsored Link
 


社員のWeb閲覧状況を把握する手段、多いのは「社長(「なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するんだろう?」「賢い男は美人と結婚しないからさ」)が見回る」

ネットスターは14日、中堅・中小企業の経営者と従業員を対象に実施した「職場でのInternet利用実態調査」の結果を発表した。
経営者は、「常識の範囲内」であれば、業務に関係のないWebの閲覧を容認する傾向にあることなどがわかった。
調査は2009年12月8日・9日、マクロミルに委託してWebアンケートで実施。
経営者412件、従業員412件の有効回答を得た。
なお、業務目的外のWeb閲覧には、業務で調べものをしていて関係のないニュースや検索結果を見てしまう「つい脱線型」、プライベートの旅行予約やランチ情報検索などの「目標達成型」といったパターンがある。
従業員が定時時間内に業務目的外でWeb閲覧をしていることに気付いている経営者が53.9%、休憩時間では69.4%いる一方で、これを「やめさせたい」「減らしたい」と考える経営者は計32.5%にとどまり、「現状程度であれば問題ない」「特にやめさせる必要はない」とする経営者が計67.0%に上った。
2010/01/15[06:56:22]http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100115_342501.html

涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です