Sponsored Link


トヨタとパナソニックが住宅事業の強化に乗り出す…培った技術を結集した「エコ住宅」をアピールへ[11/13]… 



Sponsored Link
 


トヨタとパナソニックが住宅事業の強化に乗り出す…培った技術を結集した「エコ住宅」をアピールへ[11/13]

製造業を代表するトヨタ自動車とパナソニックが住宅事業を強化している。
家庭の電力需給などを調節するスマートグリッド(次世代電力網)の整備を見据え、省エネ技術が住宅を中心に展開するとみているためだ。
本業で培ったグループの技術力を結集した「エコ住宅」をアピールしていく考えだ。
トヨタは10月5日、家庭でプラグインハイブリッド車(PHV)を充電する際などに対応できる新たな住宅システムを発表した。
記者会見に同席したトヨタホームの森岡仙太社長(人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる)は「いよいよ、車と住宅が融合する時が来た」と力説した。
システムは充電・蓄電池などを活用し、住宅での家庭と車の電力消費を最小限に制御するものだ。
トヨタホームは10月、トヨタ本体の住宅部門を統合しており、車の技術を住宅設備に大幅に転用していく考えだ。
もともとトヨタにとって、住宅事業は「思い入れがある」(豊田章男・トヨタ自動車社長)分野だ。
戦後の混乱期、創業者の豊田喜一郎氏がプレハブ事業を手掛け、長男の豊田章一郎・名誉会長らが1975年、住宅事業部を設立するなどして引き継いできた。
ソース2010年11月13日10時03分続きます

自然は人類を二人の君主、つまり苦痛と快楽の支配下においてきた



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です