Sponsored Link


「マンション買取額、上乗せして」「新車で返せ」住民とJR西、交渉物別れ購入価格で買い取り提示マン… 



Sponsored Link
 


「マンション買取額、上乗せして」「新車で返せ」住民とJR西、交渉物別れ

購入価格で買い取り提示マンション住民にJR西兵庫・尼崎の脱線事故・兵庫県尼崎市の福知山線で快速電車が脱線した事故で、JR西日本(にっぽん)は5日、電車が衝突したマンション「エフュージョン尼崎」の住民への説明会を同市内で開き、垣内剛社長(私の理性は曲げられたり、折られたりするようには仕込まれてはいない。そうされるのは、私の膝である)が「平穏な生活を壊し、誠に申し訳ありません」と謝罪した上で、全47戸の購入価格での買い取りを提示した。
垣内社長が住民らに公開の場で直接謝罪したのは初めて。
住民らは買い取り提示に「同じ条件の物件は、当時の価格ではもう手に入らない」と反発、金額の上乗せを求めたが、JR西側は「基本的には購入時の価格が限度だ」と応じなかった。
同社は今後、慰謝料も含め、住民と個別に交渉を進める方針。
マンションは2002年11月末に完成。
1戸平均約70平方メートルで、駅からやや遠いため新築時の分譲価格は1800万―2700万円台だった。
説明会は、全世帯の住民計95人と、社長を含めJR西側の6人が出席、約2時間続いた。
垣内社長は購入価格での買い取りを提示した理由を「『時価で』という考えもあるが、突然の事故で大変なご迷惑をおかけした」と説明した。
また、心的外傷を負った住民の医療費や、新居が見つかるまでの仮住まいの家賃も、全額負担する方針を明らかにした。
事故で壊れた乗用車やバイクの補償では、池田靖忠常務が「経過年数を考慮して決めたい」と説明。
住民らは「新車で返すべきだ」と反発した。
池田常務はマンションを取り壊した跡地へ慰霊碑を建立する案が出ていることについて「犠牲者の遺族の意向を踏まえて検討したい」と述べた。
住民側は、代表の畠利明さん(43)が「住環境を取り戻すための誠意ある対応と補償」など5項目を求めた文書への署名を要求。
拒否されたため、JR西の「安全性向上計画」の説明を「聞く必要はない」と突っぱねて退席した。

徳は天使であるが、盲目なので、その目的に導く道を示す知識をえなければならない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です