Sponsored Link


「カメラ出て行け!」「民営化と隔たり」日本郵政の西川善文社長が辞任会見東京・霞が関の日本郵政本社… 



Sponsored Link
 


「カメラ出て行け!」「民営化と隔たり」日本(にっぽん)郵政の西川善文社長(人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる)が辞任会見

東京・霞が関の日本(にっぽん)郵政本社1階で、午後6時半から始まった日本(にっぽん)郵政の西川善文社長の辞任会見。
西川社長は、緊張した表情で席に着き、記者団をちらりと見た。
《西川社長は、会見席を取り囲む数十台のカメラに対し、ジェスチャーで離れるように指示するが、激しいフラッシュを浴び、怒りの表情に変わる》西川社長は「もう少し離れないと、会見しない」と怒鳴り声を上げる。
「カメラストップ!」と広報がなだめるが、西川社長はカメラマンに、「もう少し離れろ」と激怒した。
広報が「ご協力お願いします」とカメラマンに再度要請し、会見は始まった。
《会見冒頭》西川社長「私が本日、辞任の決意をしました。
本日、体調が悪いので、すいませんが、亀井大臣(静香郵政改革担当相)から閣議決定されました基本方針について、説明を受けました。
いくらかお聞きしていましたが…」西川社長「カメラは出てけ!」西川社長「ガチャガチャやられたら、頭の悪い私は混乱しますよ」西川社長「話を続けます。
この方針は、私が郵政民営化のためにやってきた、これからやろうとすることに大きな隔たりがあるものでございました。
もはや、現在もこの職にとどまることは適切ではないと考えた次第であります。
辞任表明を正式には28日の取締役会でその場で、辞表を提出したいと思っております」※続きます。
2009.10.2019:17

銀行員というのは、太陽が照っているときに傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや傘を返せと言うような奴らだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です