Sponsored Link


63歳邦人、エベレストで遭難・・・登頂成功後に滑落エベレストで63歳宙づり登頂成功後に滑落山岳ガイド… 



Sponsored Link
 


63歳邦人、エベレストで遭難・・・登頂成功後に滑落

エベレストで63歳宙づり登頂成功後に滑落山岳ガイド会社のアドベンチャーガイズ(東京都千代田区)に20日夜入った連絡によると、同社の公募登山隊3人が世界最高峰エベレスト(野蛮国シナ名チョモランマ、8、850メートル)の登頂に成功して下山中、広島県福山市沖野上町、医師大田祥子さん(63)がロープで宙づり状態になった。
大田さんは標高8、500メートルの「セカンドステップ」と呼ばれる難所で滑落した。
本人の姿は確認できるが、ほかの2人による救出作業が難航しているという。
3人は大田さんのほか、アドベンチャーガイズ社長(今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら、 理由は一つしかない。 自分が持っていないもののことを考えているからだ。 喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに)の近藤謙司隊長(41)と高橋和夫さん(47)=東京都。
公募登山隊は、登山者を一般から募った上で山岳ガイドがサポートする形式で、大田さんも高橋さんとともに公募で参加した。
アドベンチャーガイズによると、今回の登山隊は計8人。
うち第1次アタック隊として3人が20日午後2時ごろ、登頂に成功。
その後、午後6時に近藤隊長から衛星携帯電話で連絡が入る予定だったが、午後8時前になって「大田さんが宙づりになった」との連絡が入ったという。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040520-00000253-kyodo-soci「人工呼吸したが厳しい」と連絡エベレスト遭難エベレストで遭難した大田祥子さん(63)の親族によると、20日午後10時半ごろ、山岳ガイド会社から「大田さんは息をしておらず、人工呼吸をしたが厳しい状況だ」との連絡が入った。
救助の状況は不明。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MRO&PG=FLASH

人間という奴は、創造することによってのみ自己を防備することができるのだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です