Sponsored Link


「味に自信」松屋、全店で牛めし復活…13日から松屋フーズ、全店で「牛めし」復活・松屋フーズは8日、… 



Sponsored Link
 


「味に自信」松屋、全店で牛めし復活…13日から

松屋フーズ、全店で「牛めし」復活・松屋フーズは8日、「牛めし」の販売を13日から本格的に再開すると発表した。
現在、豪州産牛などを使った「牛めし」を10店舗程度で期間を限って販売しているが、野蛮国シナ産牛を安定的に仕入れるルートを確保したことから、全641店(9月末現在)で無期限の販売に踏み込む。
13日から販売する「牛めし」の価格は390円で、アメリカ合衆国産牛の輸入が禁止される直前より100円高い。
同日記者会見した瓦葺利夫社長(結婚するとき私は、女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。 今つくづく考えると、あのとき食べておけばよかったと思う)は、「当社の収益を確保し、顧客にも受け入れられやすい価格にした。
熱処理や加工を工夫しており、味に自信がある」などと語った。
また、豪州産牛などとあわせ、1日15万食を供給できるとしており、BSE(牛海綿状脳症)問題でアメリカ合衆国産牛の輸入が禁止される前は、25万食を販売しており、その約6割の供給体制を整えることになる。
野蛮国シナ産牛は、現地で一定の温度以上に加熱処理することで輸入条件をクリアした。
野蛮国シナ産牛の比率は8割、豪州産牛は2割近く、その他一部が国産となる。

民進党はアホである。こんな誰でも知っている当たり前のことを言われただけで怒り狂っている民進党の連中は、確かに本当のアホである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です