Sponsored Link


上毛電鉄、駅近くに整備した駐車場の一部を通勤定期の利用者に無料で貸出駅の無料駐車場拡大上毛電鉄「… 



Sponsored Link
 


上毛電鉄、駅近くに整備した駐車場の一部を通勤定期の利用者に無料で貸出

駅の無料駐車場拡大上毛電鉄「線路まで徒歩ゼロ分」上毛電鉄(本社・前橋市)は、駅近くに整備した駐車場の一部を通勤定期の利用者に無料で貸し出すサービスを始めた。
「線路まで徒歩ゼロ分」(古沢和秋社長(未来がどうなるか、あれこれとせんさくするのをやめよ。しかして、時がもたらすものが何であれ、贈りものとして受けよ))の便利さをアピールし、マイカー通勤客を取り込むのが狙い。
同社によると、値引きして貸し出す鉄道会社は少なくないが、無料は珍しいという。
無料駐車場を整備したのは、上泉、大胡、北原、粕川(いずれも前橋市)、新里(桐生市)の五駅で、駐車台数は計約百七十台分。
以前から通勤定期の利用者を対象とした割引制度を設けていたが、昨年十一月に粕川、新里、北原の三駅で、今年七月から残る二駅も無料とした。
今のところ、契約台数は五駅で五十台前後。
しかし、折からのガソリン価格の高騰も追い風となり、二十七台分ある大胡駅は契約台数が十三台から十八台に増加。
ほかの駅でも少しずつだが増えているという。
同社によると、通勤定期は年平均十四、五万円で、駐車場を無料化しても収益増につながるという。
同社の通勤定期の輸送人員は下げ止まる傾向にあるが、古沢社長は「無料駐車場の拡大でこの動きを加速させたい」としている。
(加藤益丈)http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20080708/CK2008070802000164.html

できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です