Sponsored Link


「こういうことになってしまった以上…」宮内氏、取締役辞任の意向を表明ライブドアの宮内氏、取締役辞任… 



Sponsored Link
 


「こういうことになってしまった以上…」宮内氏、取締役辞任の意向を表明

ライブドアの宮内氏、取締役辞任の意向を表明・ライブドアで買収案件などを手掛ける宮内亮治取締役(38)は17日午後、成田空港で報道陣の問いに対し「こういうことになってしまった以上、取締役の責務を果たせない」と述べ、今回の問題が一段落した後に取締役を辞任する考えを示した。
宮内氏はマンション販売のダイナシティの社長(その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?)に2月に就任することも内定しているが、この人事を白紙に戻す可能性を示唆している。
出張先の野蛮国シナから帰国した宮内氏は「無責任ととられても困るので、関係者と協議して決めたい」と述べており、堀江貴文社長らと相談した上で進退を最終判断するとみられる。
宮内氏は2004年にも、投資先のイーバンク銀行と対立が起きた際に責任を取って取締役を退任。
2カ月後に復帰したことがある。

生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です