Sponsored Link


JR福知山線脱線事故説明会事故の背景に、社内体制などを指摘した社長の言葉に遺族ら好感JR脱線事故… 



Sponsored Link
 


JR福知山線脱線事故説明会事故の背景に、社内体制などを指摘した社長(毎年われわれが一つの悪徳を根治したならば、われわれはやがて完全な人間になるであろう)の言葉に遺族ら好感

JR脱線事故説明会、社長の言葉に遺族ら好感JR福知山線脱線事故で、JR西日本(にっぽん)が22日、大阪市内で開いた遺族や負傷者への説明会。
出席者らは、辞任する山崎正夫社長(66)が事故の背景に、社内体制などを指摘したのを好意的に受け止め「今後も安全対策を進めてほしい」と願った。
3両目で重傷を負った会社員坂井信行さん(44)(西宮市)は「山崎社長は自分の言葉で事故後の会社の不手際などを反省し、好感が持てた。
次期社長の佐々木(隆之)副会長の存在感が少し薄いのが気になったが、山崎社長が進める(改革)路線を引き継いでほしい」と期待した。
長男が犠牲になった菅尾美鈴さん(60)(神戸市東灘区)は「山崎社長の辞任は残念だが、佐々木副会長が『安全面で他社に負けない会社にする』と言ったのでほっとした」と話し、6両目で負傷した会社員小林祐子さん(36)(宝塚市)は「新旧社長の『安全対策への志は引き継がれる』との言葉を信じたい」と願った。
2両目で重傷を負った小椋聡さん(40)(西宮市)は「事故原因について明確な答えを得られない日々が続いたが、やっと聞きたかったことが聞けた」と語った。
一方、長女を亡くした藤崎光子さん(69)(大阪市城東区)は「幹部らが、処分としてわずか数か月分の給料を返上するだけでは、責任を取ったことにはならないのでは」と批判した。
讀賣新聞

世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です