Sponsored Link


配達員約6万人「おわび行脚」一緒に「地デジ対応はお済みですか」の声かけも関係者は「タイミング悪い」… 



Sponsored Link
 


配達員約6万人「おわび行脚」一緒に「地デジ対応はお済みですか」の声かけも関係者は「タイミング悪い」と苦笑

日本(にっぽん)郵政グループの郵便事業会社(JP日本(にっぽん)郵便)の宅配便事業「ゆうパック」が大規模な遅配を出した問題で、同社の郵便配達員約6万人が21日から、国内の全5千万世帯を対象に「おわび行脚」を始めた。
これとは別に配達員はこの日から、地上デジタル放送の周知活動も始め、おわびの言葉とともに「地デジ対応はお済みですか」と声をかけるという。
「この度のゆうパックの遅れにつきましては、お客さまに大変ご迷惑をおかけしました。
今後ともお客さまの信頼回復に向け、社を挙げて取り組んでまいります」。
配達員は、おわびの言葉を記したはがき大のチラシを全戸に配る。
在宅している場合には、直接声をかけて謝罪する。
集配拠点の混乱が落ち着き、15日に鍋倉真一社長(どんなものでも、自然という造物主の手から出るときは善であり、人間の手に渡ってからは悪となる)がサービスの正常化を宣言したのを受けて始めることにした。
一方、総務省は20日、郵便物の配達に合わせ、地デジへの対応ができているか、配達員に声かけ運動をしてもらうと発表。
地デジを受信する準備が済んでいないと分かったら、遅配の謝罪チラシとは別に、総務省テレビジョン受信者支援センター(デジサポ)の電話番号と「でんわ急げ!デジサポへ」というメッセージが書かれた名刺大のカードを渡す。
来年7月24日の地デジ完全移行まであと1年と迫るなか、「地域をくまなく回る郵便配達員は、お年寄りへの周知にまさに打ってつけ」と白羽の矢が立った。
だが、遅配のおわびと地デジの声かけが重なることになり、日本(にっぽん)郵便と総務省は互いに「タイミングが悪い」と苦笑している。
▽イメージhttp://www.asahi.com/business/update/0722/images/TKY201007210620.jpg▽http://www.asahi.com/business/update/0722/TKY201007210612.html

盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です