Sponsored Link


阪神・真弓監督決めた!外国人5人制や ボーグルソン投手は“戦力外” ボギー解雇、外国人5人制- 



Sponsored Link
 


阪神・真弓監督決めた!外国人5人制や ボーグルソン投手は“戦力外”

ボギー解雇、外国人5人制-。
阪神・真弓明信監督(55)が高知・安芸の秋季キャンプ休日の7日、『投手3人、野手2人』という来季外国人枠の構想を明かした。
ライアン・ボーグルソン投手(31)を “戦力外”とし、今季の6人制から1人減に。
南球団社長(およそ人間ほど非社交的かつ社交的なものはない。その不徳により相集まり、その天性により相知る)(53)と話し合う週明け10日にも、真弓阪神の助っ人態勢を確立する。
助っ人は5人で十分!? 真弓監督が来季の外国人構想を明かした。
「ピッチャーは今、4人いるが、4人抱えるのはしんどい。
『誰が二軍に行くのか』ということになる。
一軍は投手2人、野手2人。
バランス的には、そうなる」。
一軍はウィリアムス、アッチソンの投手2人と、新外国人とバルディリスの野手2人。
そして、二軍に投手のリーソップを待機させる。
このパターンを 基本構想として掲げた。
秋季キャンプ初めての休日。
コーチ陣らと黒潮CCでゴルフを楽しみ、リフレッシュした。
コースを巡りながら、頭の中では着々と来季の構想が練り上げられていた。
>>2に続きます サンスポ.コム http://www.sanspo.com/baseball/news/081108/bsb0811080500001-n1.htm http://www.sanspo.com/baseball/news/081108/bsb0811080500001-n2.htm キャンプ休日でゴルフを楽しむ真弓監督。
外国人に関して構想を明かした ttp://www.sanspo.com/baseball/images/081108/bsb0811080500001-p1.jpg

世の中で非常に活動している人間は、すべて鈍感な人のように思われる。というのは、世の中には心を惹きつけるようなものがなにひとつ見出せないからである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です