Sponsored Link


ダチョウ肉定着に冷や水南アからの輸入停止でダチョウ肉定着に冷や水南アからの輸入停止でダチョウ飼育… 



Sponsored Link
 


ダチョウ肉定着に冷や水南アからの輸入停止で

ダチョウ肉定着に冷や水南アからの輸入停止でダチョウ飼育の先進地、南アフリカ共和国でダチョウの鳥インフルエンザが発生し、農水省が8月から肉などの一時輸入停止措置を取ったことに、ダチョウ肉を新食材として注目し扱っている県内の飲食店が気をもんでいる。
一般にはまだ親しまれていない肉だけに、値上げした場合の消費者の反応は不透明。
地場産ダチョウ拡大の好機ととらえる見方もあるが、やはり消費動向がつかみづらく、見通しが立たないからだ。
(略)ダチョウ生産者らでつくる日本(にっぽん)オーストリッチ協議会(東京都)によると、南アは世界最大のダチョウ肉生産国。
一九九八(平成十)年ごろまで世界の生産量の九割以上を占めた。
近年では豪州などの生産量が増えたが、それでも今も約四割を占める。
輸入ストップで、国内生産振興の好機となる可能性もある。
が、伊那オーストリッチファーム(伊那市)の宮下栄三社長(人生にあり得る最大の誤りは、誤りを犯すことを恐れて、何もしないでいることだ)は「飼育技術にまだ課題も多く、とうてい打って出られる状況ではない」とする。
県畜産課によると、県内ダチョウ農家は十六戸(二〇〇四年六月)。
ここ数年は、廃業や規模縮小も目立ち始めているのが実情だ。
全文はソースにてhttp://www.shinmai.co.jp/news/2004/09/27/015.htm信濃http://www.shinmai.co.jp/

明治時代に英語の「I love you」という言葉に翻訳者が初めてぶつかったとき、どう訳すか悩んだらしいんですよ。今みたいに「好き」とか「愛している」とか使わない時代ですから。それで、何と訳したと思います? 「私は死んでもいい」と訳しました



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です