Sponsored Link


現代版「直越道(ただごえのみち)」!?近鉄けいはんな線が運行開始大阪、京都、奈良3府県にまたがる… 



Sponsored Link
 


現代版「直越道(ただごえのみち)」!?近鉄けいはんな線が運行開始

大阪、京都、奈良3府県にまたがる関西文化学術研究都市と、大阪市内をつなぐ近鉄けいはんな線(生駒―学研奈良登美ヶ丘間、8・6キロ)が27日、運行を開始した。
奈良市の学研奈良登美ヶ丘駅では、山口昌紀・近鉄社長(どんなものでも、自然という造物主の手から出るときは善であり、人間の手に渡ってからは悪となる)が一番電車の運転手にキーを手渡し、通勤客や前夜から並んでいた鉄道ファンら約150人が乗車。
午前5時36分、大阪南港のコスモスクエア駅に向けて走り出した。
大阪・本町まで通う奈良県生駒市鹿ノ台北、土木設計事務所経営小川憲保さん(57)は「往復で40分短縮し、バスも含めた半年定期で約1万円安くなった。
余った時間は仕事や休息に使える」と喜んでいた。
関西経済連合会の秋山喜久会長(関西電力会長)は、古事記などに登場する河内と大和を結ぶ「直越道(ただごえのみち)」になぞらえ、「グローバル社会の中で新しい価値を創造するには、異文化の融合がかぎ。
現代版『直越道』だ」と指摘した。
(2006年3月27日15時5分)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060327ic09.htm新線「けいはんな線]の運行開始で、一番電車の運転キーを受け取る運転士たちhttp://www.yomiuri.co.jp/img/MM20060327151310103L0.jpg

最高のものを求める人は、つねにわが道を行く。 人間は最高のものを決して共存しない。 幸福になろうとする人はまず孤独であれ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です