Sponsored Link


日本はいつから社会主義国になったのか日本はいつから社会主義国になったのか 



Sponsored Link
 


日本(にっぽん)はいつから社会主義国になったのか

日本(にっぽん)はいつから社会主義国になったのか。
日本(にっぽん)郵政は、法律で民間会社になったはずである。
6月の株主総会で承認された社長(人間とは、われわれが食物と称するものを供給すると、思想と称せられるものを生産する機械である)を政治家が陰に陽に圧力をかけて辞任に追いやったのは、ルール違反というよりいじめに近い。
▼西川善文社長の経営手法には、確かに毀誉褒貶(きよほうへん)がある。
売却先の選定が不透明との批判が強かった「かんぽの宿」問題では、総務省から業務改善命令も受けた。
ならば、株主総会で堂々と解任すればよい。
会社経営では筋道を通すのが何より肝心だ。
▼鳩山由紀夫総理大臣は「亀井静香担当相のところで素晴らしい方を(後任に)考えている」と語ったが、その言い方はないだろう。
「解任」の手段をとらぬのなら、西川氏の労をねぎらうのが先だ。
三顧の礼で迎えた人を政権が交代したから、とゴミでも放り出すように辞めさせては、友愛精神が泣く。
▼鳩山政権が打ち出した子ども手当や農家の戸別所得補償、高速道路無料化といったバラマキ策も社会主義のにおいがプンプンする。
子供がいるだけで1人当たり年31万2000円もらえるのは、親にとってはうれしいが、半額支給だけでも2兆3000億円もかかる。
▼鳩山政権がまとめた来年度予算の概算要求は、あれほど批判していた麻生政権下の要求額をはるかに上回り、95兆円台になった。
赤字国債の発行額も50兆円を軽く超える。
選挙前に民主党の偉い人が「財源なんてどうにでもなる」と吠(ほ)えていたのを覚えているが、政治は魔術ではない。
▼家計に例えれば、月給が40万円弱なのに、食費や教育費、ローン返済で100万円近く浪費しようというわけだ。
売り食いにも限度がある。
民主党に国民が託したのは、社会主義化ではなく政治の刷新と無駄遣い一掃のはずだ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091021/plc0910210316001-n1.htm

誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です