Sponsored Link


松井の悲願の世界一、白熱する日本シリーズ…沸く野球界とは雲泥の差 日本サッカー界に負の連鎖 ヤンキ… 



Sponsored Link
 


松井の悲願の世界一、白熱する日本(にっぽん)シリーズ…沸く野球ベースボール界とは雲泥の差 日本(にっぽん)サッカー蹴球界に負の連鎖

ヤンキース・松井の悲願の世界一、白熱する日本(にっぽん)シリーズ…。
沸く野球ベースボール界に対し、日本(にっぽん)サッカー蹴球界は明るい話題を自ら放棄する出来事が続いている。
日本(にっぽん)サッカー蹴球協会は5日、岡田武史監督(53)からの「アウェー戦」のリクエストで実現した 南アフリカ・香港遠征(9日~19日)メンバー21人を発表したが、この日は運悪く、ヤンキースの松井の話題一色で、会見場には空席も。
肝心のメンバーも「海外組が年内集合できるのが最後になるから」と、期待の新戦力はなかった。
Jリーグでは3日のナビスコ杯表彰式で準優勝の川崎の選手が首から メダルを外したり、来賓との握手を拒んだ態度などを巡って大揺れ。
中でも表彰台でガムをかんでいたDF森の行為は動画サイトで20万アクセスを 突破するなどブーイングの嵐となった。
この日、Jリーグには武田信平社長(今から20年後、あなたはやったことよりも、やらなかったことに失望する)や主将の伊藤、選手会長のDF井川が訪れ、鬼武健二チェアマンに改めて謝罪。
川崎は賞金5000万円の返上を決め、さらに武田社長ら幹部3人を3カ月減給10%とし、DF森をクラブとして当面リーグ戦に 出場させない方針を示した。
これを受け、鬼武チェアマンは「5000万円をどうするかは実行委員会で 決める」とし、リーグ側の監督、指導責任について、「監督する立場である私の責任問題は 裁定委員長と相談する」と処分を検討していることを明らかにした。
もっともこの件について、鬼武チェアマンは「サッカー蹴球協会幹部は 業務多忙を極めている」とし、報告していなかったことを明かすなど、ちぐはぐさも。
犬飼基昭会長が「お金を返して済む問題ではない。
スポーツ界の恥だ。
スポーツをやっている人がやってはいけないことを、大観衆の前でやった。
サッカー蹴球界としても恥ずかしい」と激怒するのも当然だった。
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20091106/soc0911061618000-n2.htm

10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。 今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です